薄毛に良い大豆イソフラボンとは?

先に、男性の薄毛の原因の一つに、
男性ホルモンによるものと、お話ししました。
男性ホルモンの値が高い場合、
髪の毛は薄くなるけれど、
それ以外の体毛は、濃くなるという、
皮肉なケースが多いようです。
反対に、女性ホルモンの一種、
エストロゲンには、髪を成長させる指令を出し、
抜けにくくし、潤いを保つ効果がある、
と言われています。

大豆イソフラボンは、
エストロゲンと似たような効果を、
発揮する成分として知られています。
豆乳や豆腐の摂取によって、
大豆イソフラボン効果で、
髪の毛が抜けにくくなることも、
あるかも知れません。
摂取量としては、1日に40〜50gが、
最も理想で、上限は70〜75gと言われています。

豆腐や納豆など、大豆製品として摂る方が、
消化吸収が良く、含有量は豆腐半丁(150g)に、
約30g、納豆1パック(50g)に約37g、
豆乳カップ1杯に約52g、
きな粉大さじ1杯に約18gと、
されています。
最近では、サプリメントでの摂取も、
出来るようなのですが、
間違った方法や、大豆アレルギーの方は、
充分に気を付けてください。
これで、薄毛にさようなら!

薄毛でもう悩まないで!あなただけじゃない!

トップページ
なぜ薄毛になるのでしょうか?
薄毛になるメカニズムとは?
薄毛対策の頭皮ケアとは?
薄毛対策の正しいシャンプー方法とは?
シャンプーのときのマッサージって?
リンスは髪にいいのでしょうか?
薄毛の仕組みとは何でしょう?
薄毛の原因とは何でしょう?
まだまだある!薄毛の原因
薄毛になる食べ物とは何でしょう?
髪や頭皮に良い薄毛対策の食べ物は?
髪に悪いことってなんでしょう?
頭皮に良いマッサージとは?
髪や頭皮に良いツボって?
髪に良いことってなんでしょう?
薄毛は遺伝なのでしょうか?
男性の薄毛の病気をまとめました
女性の薄毛の病気をまとめました
薄毛の病気はまだあります
薄毛のセルフチェックをしよう
几帳面の人は薄毛に多い?
薄毛対策に良いシャンプーは?
男性と女性の薄毛の違い〜男性編〜
男性と女性の薄毛の違い〜女性編〜
その薄毛、他の病気かもしれません
薄毛に良い大豆イソフラボンとは?
薄毛対策に活用して!大豆イソフラボン
大豆イソフラボンの注意点とは?
ストレスをためないように
早寝早起きで薄毛予防を
タバコも薄毛の原因です
薄毛の原因とされるお酒もほどほどに
冷え性と薄毛の関係性とは?
美容師さんに教えてもらったこと
美容師さん直伝!頭皮の動かし方
季節によって抜け毛は違ってくるのか
一年のうちで一番髪が成長する時期は?
頭皮の乾燥にも気を付けよう
潤いのある頭皮にするには?
頭皮も衰える?頭皮のアンチエイジング
間違った頭皮ケアをしていませんか?〜その1〜
間違った頭皮ケアをしていませんか?〜その2〜
薄毛対策にまず心がけてみましょう〜その1〜
薄毛対策にまず心がけてみましょう〜その2〜
頭皮を柔らかくする顔のエクササイズ
首の血行を良くして薄毛対策
いざというときの治療薬を知っておこう
チョコレートを食べて薄毛対策
コーヒーを飲んで薄毛対策
石鹸シャンプーという薄毛対策
肥満と薄毛の関係性とは?

その他

リンク募集中