髪に悪いことってなんでしょう?

先にもお話ししたように、普段の生活で、
髪にも頭皮にも、よくないことがたくさんあります。
身だしなみとして使う、整髪料。
これも、油分が多いものは避けましょう。
ベトベトしたものを使うと、いくら清潔にした頭皮でも、
脂っぽくなって、フケやかゆみの原因になりかねません。
髪や地肌に、負担のないものを選ぶようにしましょう。

また、濡れた髪のまま、寝るのは厳禁です!
濡れている髪は、とても傷みやすく、
頭皮にも、もちろんよくありません。
カビが生えて、皮膚炎を起こしかねません。
時間がないとそのままにしがちで、
私もよく、フケみたいなカサブタができて、
皮膚科のお世話になってしまいます。
気を付けたいですね!

あと、長年、髪をきつく結わえるのも、
よくありません。
ゴムなどできつく縛ることで、毛根を痛め、
抜け毛や切れ気の原因となります。
毎日、同じ髪型をするのは出来るだけ避けて、
どうしても結わえないといけないなら、
ゆるく結ぶようにしましょう。
分け目も、日によって変えてあげましょう。
これで、薄毛にさようなら!

薄毛でもう悩まないで!あなただけじゃない!

トップページ
なぜ薄毛になるのでしょうか?
薄毛になるメカニズムとは?
薄毛対策の頭皮ケアとは?
薄毛対策の正しいシャンプー方法とは?
シャンプーのときのマッサージって?
リンスは髪にいいのでしょうか?
薄毛の仕組みとは何でしょう?
薄毛の原因とは何でしょう?
まだまだある!薄毛の原因
薄毛になる食べ物とは何でしょう?
髪や頭皮に良い薄毛対策の食べ物は?
髪に悪いことってなんでしょう?
頭皮に良いマッサージとは?
髪や頭皮に良いツボって?
髪に良いことってなんでしょう?
薄毛は遺伝なのでしょうか?
男性の薄毛の病気をまとめました
女性の薄毛の病気をまとめました
薄毛の病気はまだあります
薄毛のセルフチェックをしよう
几帳面の人は薄毛に多い?
薄毛対策に良いシャンプーは?
男性と女性の薄毛の違い〜男性編〜
男性と女性の薄毛の違い〜女性編〜
その薄毛、他の病気かもしれません
薄毛に良い大豆イソフラボンとは?
薄毛対策に活用して!大豆イソフラボン
大豆イソフラボンの注意点とは?
ストレスをためないように
早寝早起きで薄毛予防を
タバコも薄毛の原因です
薄毛の原因とされるお酒もほどほどに
冷え性と薄毛の関係性とは?
美容師さんに教えてもらったこと
美容師さん直伝!頭皮の動かし方
季節によって抜け毛は違ってくるのか
一年のうちで一番髪が成長する時期は?
頭皮の乾燥にも気を付けよう
潤いのある頭皮にするには?
頭皮も衰える?頭皮のアンチエイジング
間違った頭皮ケアをしていませんか?〜その1〜
間違った頭皮ケアをしていませんか?〜その2〜
薄毛対策にまず心がけてみましょう〜その1〜
薄毛対策にまず心がけてみましょう〜その2〜
頭皮を柔らかくする顔のエクササイズ
首の血行を良くして薄毛対策
いざというときの治療薬を知っておこう
チョコレートを食べて薄毛対策
コーヒーを飲んで薄毛対策
石鹸シャンプーという薄毛対策
肥満と薄毛の関係性とは?

その他

リンク募集中